ブログ

介護の仕事に関する資格の種類とは

2021.05.20

介護士として、ご高齢者の方の生活を支えるというのも社会貢献の大きな役割の一つですね。

そんな介護のお仕事ですが、当然資格というものがあります。

資格を持てば、待遇もよりよく迎えられるため、一生懸命従事されている方は、資格の取得を目指すのもキャリアアップに向けていいことかもしれませんね。

そこで今回は、介護に関する代表的な資格をご紹介いたします。まずは、介護職員初任者研修です。

これは、これから介護の仕事を始る際の食事や着替えそして入浴といった基礎を学ぶことが可能な研修となります。

基礎を学んだ後は、実践編ですね。介護福祉士実務者研修という研修ではより応用的に実戦に近い研修を受講することが可能です。

介護職員初任者研修よりも幅広い範囲の知識を習得があります。またこれらはあくまで研修ですので実際に資格を取得したい方は、ケアマネジャーや介護福祉士といった介護の各分野の資格を取得されることを目指してみてはいかがでしょうか。

当社では求人に関する募集を行っております。

介護士としての経験がこれまでない方でも大募集とさせていただいておりますので、まずはお問い合わせをお願いいたします。

追って担当者よりご連絡差し上げます。

 

お問い合わせはこちら